遠い記憶の底に沈んでいたポエム?エッセイ?童話?短編?……

ずいぶん前から書きためていた文(もの)です。取るに足らない書き物ばかりですが、パソコンを開いていたら100編ほどの文がありました。少しづつ整理して投稿していきたいと思っています。

悲しい出来事です


              

                                                     

                                                      

          ページを開いてくれてありがとうございます 。 
   
つい先日のことです。
NPO法人動物保護団体(多分そうだっと思いますが)が、施設で保護しているネコを棒で殴ったり床に叩きつけている動画がユーチユブ で流されました。
そのあとを追うようにTVでその動画が報道されました。
ネコを虐待していたのは、その団体の理事長でした。
報道では何匹かのネコが命を奪われ、傷つけられたそうです。
惨い仕打ちは日常的に行われていたそうです。
画面の中に床にうずくまりじっと耐えているネコや、棚の上で身体を小さく丸めているネコがいました。
そのネコたちを棒で殴りつけ、ネコの背中をわしづかみして床に叩きつける理事長の背中がありました。
中年らしき人物でした。
抵抗する手段もなく助けを求める言葉もないネコたちが、可哀そうでかわいそうで観ていらられませんでした。
どんな思いでネコを傷つけていたのか、その理由を知る由はありませんが、常人では考えられない仕打ちです。
幸い動物虐待の実態が知れ、理事長は動物虐待の罪で逮捕されたとのことです。
残されたネコたちは他の保護団体に引き取られ、今は大切に保護されているとのことです。


動物は叩かれても殴られても、その痛さ辛さを言葉にすることは出来ません。
ただ、そんなあなたを、ジッと見つめているしか手立てがありません。
なんだかとても胸が締め付けられ悲しくてかなしくて投稿してしまいました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。